ライターよっこのコラム 『コートの素材』

ニョロニョロー!
ファッションエディターのよっこです!

寒くなって来ましたー!!!!

コート着てない人いますかー?

いませんねー!?

(なんのフリだ)

さて今日は、コートのお話。

コートに使われている素材の混率(タグや洗濯表示にあるウール80%、ポリエステル20%という表記)
のこと。

皆さんは気にしたこと、ありますか~?

たった5%なんて混率で、素材にどう変化があるの??
って思いますよね。

でも、作っているデザイナーたちは
やわらかさ、見た目の美しさ、光沢感、軽さ…
などなどを考えながら素材選びもしているのです。



皆さんのコートの混率はどないなってますか~~??
(突然の関西)

・カシミアが入っていたら・・・

素材の表面感をなめらかに、つややかにするために入れています。
ウール100%だけだと、ゴワゴワになってしまう場合も。

カシミアならではの光沢も出るし、それによってコートの発色も良くなる!
高級素材です。

・モヘア・アンゴラが入っていたら・・・

モヘアやアンゴラは毛足が長いので、素材変化をつけたいときに使われることが多い。

モヘアはアンゴラヤギというヤギの毛を使っていて、肌触りも◎!
アンゴラはウサギの毛なので、更に!?柔らかくてふわふわなイメージ。(個人の感想でございます~)
そして、なにより、これが入ることで軽い!というのが大きな特徴かな。

ただし、デリケートで毛が抜けやすいので、注意したいところです!

・ポリエステルが入っていたら・・・・

ポリエステル素材は、まず丈夫な素材です。

そんな高級なコートにも、「カシミア・ポリエステル」なんて表記があるくらい
高級素材と合わせて丈夫にしているものもあるほど。
そして、軽い。
しかし、
ポリエステルが含まれている混率が高いほど、毛玉ができやすい…という欠点も。

こんな感じで、コートの混率によって
見た目も、着心地にも影響してくるものでございます~

自分の今のコートの利点、
欠点を理解してお手入れしたり

TPOに合わせてコーデしてみるのも◎です!!

今の時期にsaleで出会った定番として、来年もいけそう!!

いいー♡ と思うお買い物の際は、チェックしてみてくださいね。

あと、クローゼットにあるものも

着る時にちょろっと見てみてくださいませ~★