おしゃれであることは女を史上最高に『生きやすく』する

最近は各メディアさまからの取材対応で、色々なお話をさせて頂くことが多いのですが、



毎回、OLさん向けの媒体、ママ向けの媒体など。様々なターゲット層のメディアさんの取材時に、共通してお伝えしてる事があります。




それは、


『おしゃれである』事は人生においてめちゃくちゃ生きやすくなる。


という事をお話させて頂いております。



それはなぜか?



年齢に関わらず、どの時代も
女は一生『女社会』の中で生きていくから。



女社会といえば、
学生時代は女友達とのコミュニケーションがあり、会社で働くようになったら女性の同僚や会社の上司、後輩との関係性。


そして結婚してお子様が生まれたら今度はママ友内のコミュニティーは切ってもきれない環境ですよね。



これはおばあちゃんになっても、ずーっと続くものではないでしょうか?



こう考えると女同士の関係の中でほぼ生きてる。 といっても過言ではないのではないでしょうか?




意外に女性同士って、


元々美人さんだったり、スタイルがよかったりという、先天的な外見の魅力という、どうにもこうにもならない事実よりはw、


『おしゃれで在る女性』に対して
憧れ感を持ちやすいのです。



おしゃれな人というのは、先天的なものではないので(私自身、センスは鍛えれば必ず身につくものだと思っております)




『より共感されやすい』
『より憧れられやすい』



性質を持っているのです。



飛び抜けたファッショニスタまでいかなくとも『○○さんのファッション素敵だわ♡』『いつもキレイにしているな』と思われること。



これこそが、女(同性)社会においては



とっても効くことであり、センスの良さを感じさせるというのは、


同性からのポイントが高いので



より生きやすくなるのです。



そうなると、



この『武器』を
使わない手はない。



そう、思いませんか?
   
   
   
私の著書『毎朝、服に迷わない』

の中でも私が一番伝えたい章は、こちらの章でした↓


    コーデでいちばん最初に考えるべきは『女ウケ』がいいこと              
   
   
   
 


コレ、本当にそうだと思っております。



女優さんやタレントさんも、息が長く、活躍されてる方は皆さん、
『女性から人気がある方』『同性ウケがいい方』ではないでしょうか?




もし今のあなたがなんだか今の環境で、



『生きずらさ』を感じてる様でしたら、



まずはぜひ、


外見に気を使うこと。特に『女ウケ』のいいファッションに意識を向かせ、見直してみる。変えてみる事。



を私自身、心の底からオススメします。


そうすると、あなた自身の内面もそれに伴いどんどん変化しますし、



あなたに対する相手からの扱い方。
態度。ランク付けw
そして環境さえも。




どんどん変わっていきますよ。



コレ、本当に面白いくらい如実に周りからの見方、扱い方は変化しますのでw、



ぜひ『女ウケがいいファッション』


を身にまとい、


自分史上最高に生きやすい環境を、


どんどん作っていってくださいね。