コンディションを整える。


『コンディションを整える』ってよく耳にする言葉ですよね。
あれって、体の状態はもちろんなことですが、
心の状態を整えること。  
 が実はとっても大事なことだなー。
って、つくづく思っています。
{3063E3A9-6090-4591-BE04-86D74A5A1770}
13年前、フリーランスのスタイリストとして、
お仕事をさせて頂く様になってから、
もちろん仕事に穴を開けたことはないですし、
そうならない為にも、前もって体調管理をすること。
これを徹底してやっておりました。
でもこれは、
どの業種に関してもプロなら当たり前の事だと思いますし、
フリーランスの世界でやっていくということは、
自分1人でやっていくということは、
当たり前としてあるスタイルだと思っております。
{EB63E0C0-0131-4A53-9FA7-7B6166B32351}

{7F3489B7-31A4-46D7-B5C5-95F3F4C85026}


でもですね、フリーランスとして働く前の自分は、
ぜんぜん意識が違ったんですよね。
昔、学生時代のころは、よく
眠いから。。
あたい、いかなくても大丈夫っしょ。
と休んでみたり。
あたい、いなくてもバレないっしょ。
と、サボってみたり。。
あたい、遅刻しても誰の迷惑もかけないっしょ。
と、よく遅刻もして登校してました。
昔、初めてアパレルショップで働いていたブランドの時も然りで、
同じようにあまい気持ちを抱く時もあったので、
ぜんぜん、選ばれませんでした。
そう。
   任せたいという人材として
選ばれなかったんです。
今考えると当たり前ですが、
そんな子に、お店の事を任せれませんよね?
そんな子に、会社にとって重要な仕事をお願いしませんよね?
そんな子に、真剣に意見を聞きませんよね?
そうすると、もうダメな方のスパイラルの始まりなのです。笑
こちらからとすると、
求められてないし。  そんだったら手を抜いてもいっか。
期待されてないだろうし。   お給料分に見合う分だけ(それも自分が感じる値) 働けばいっかって。
そうすると、お願いしている方は、
時間内に来て、お願いした事だけやってくれるのはいいけど、
極論、
あなたでなくても回る。
あなたなしでも他はいる。
ので、他にやる気のあるメンバーがきたら、
自分より好待遇だったり、責任ある仕事を任されてたり。。
そんな時代もありました。
今思うと、当たり前ですよね。
同じ”仕事”をしていても、
【持つ責任感】
【私でないとという使命感】
がまったく違うから。
以前の私と、フリーランスになってから感じている私との差をみると、やはりここの違いが明らかですよね。
{E0643286-BF57-4528-9151-E196F976BDCA}


自分自身は、
毎月お給料を頂きながら働くサラリーマン時代も経験し、
自分自身が仕事を頂き、自分自身で稼いでいくというフリーランスを経験し、
そして今は、スタッフを抱えて仕事をするという経営者としての立場となった今。
スタッフをお願いしたり、仕事をお願いするの私として、
私自身が欲しい!  という方は
やはりここの部分のコンディションが整っている方なんですよね。
要は受け身でない方。
 受け身をとってくれるのは、当たり前としてカウントしてるのであえて省きましたが、
同じ側で物事を考えてくれ、
それを受けて、自分の意見をしっかり持ち、伝えてくれる方。自主的に考え、動いてくれる方。
これは、私自身がサービスをお受けする時は、逆の立場になり、
提供する側になるので、
そこの部分はとっても気をつけている事でもあります。
受け身をとり、希望の望みを叶えるのは当たり前のこと。 それが私の求められているお仕事ですから。
それに➕プラスし、クライアントさんにとって
更に喜んで頂く、最良の意見・アドバイスをすること。
ここを、とっても大切にしながら向き合ってスタイリング提案を行っております。
そういった意味でも、『コンディションを整える』ということは、
体調管理という、体のメンテナンスだけでなく、
常にそこにもアンテナを張りめぐらせていける状態に
『心を保っていく』
という事が、
お仕事をお願いする上でも、お仕事をお受けする上でも、
大切な事だと、
私自身、思っております。