ライターよっこのコラム 『お洋服の保管』

 

こんにちは。
エディターのよっこです。

今日はみなさんのクローゼットに保管されているお洋服について。

わたしも季節の変わり目に断捨離しなきゃ!見直さなきゃ~!って、
いつも焦ってます。笑

現状、なかなか追いつきません。泣

今日は、クローゼットでお洋服を保管する際、
こんなこと気にしてみよう!という点についてお話します☆

 

・防虫剤!

まずはタンスの中をきつく詰めすぎないこと。
防虫剤は、微量にガス化して充満する特徴があるためです。



開け閉めを良くする収納場所でガスが充満しないので、
防虫剤の効果が半減してしまうことも。

また、防虫するくらいなので、人体にとってはあまりよくない成分も入っている。

お子さんがいる家庭では、特に気を使うところだと思います。
(私も小さいときに防虫剤を口に含んだそうです…くいしんぼう万歳w)

天然のハーブやアロマを使って防虫剤にするのもよさそう。
香りが気にならなければ体に害なし。

 

・クリーニング後に…

シーズン終わりによくあるのが、クリーニングによるお手入れ。
早めに出していい状態で保管したいものです。

が。ここで注意!

クリーニングから帰ってきた状態(透明なビニールがかかっている状態)で保管していませんか?

ホコリをよけるためにも。と思ってそのまま保管していても
あのビニールの中に閉じ込めておくことで、
湿気が中にたまり、カビが生えてしまうこともあるそう。
ヒエー。それは大変です。

ビニールは必ず、外して保管を。

 

・ハンガー

服の形に合わないハンガーを使っていませんか?

特にジャケットの方が合っていなかったり

小さいハンガーを使って肩が落ちたりすると、

慢性的なシワがついたり、生地が傷みやすくなってしまいます。

洋服に合ったハンガーを選ぶこと。

肩から落ちてしまうそうな服を掛ける時は、
ハンガーの端に輪ゴムをつけておくと滑りにくくなる。

スーツやジャケット用のハンガーばかりをそろえてしまうと、
クローゼットが狭くなってしまう。

クローゼットの大きさや服のバリエーション、数量に合わせて選んでみるのも◎!

 

快適なクローゼットでファッションも選びやすく、

見やすくなると、洋服で選びで迷う時間も軽減されます。

時間をつくって、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

ではまた~

 

出典:季節のお役立ち情報サイト
株式会社エステー公式HP
財団法人日本中毒情報センター