ライターよっこのコラム 『春のこんなお手入れ』

 

こんにちは。
エディターよっこです。

春はリネンやタオルのお手入れもしやすくなります。

あったかいっていうだけで、
「せっかくだからお布団をクリーニングに出そう!」

なんて気持ちもわいてくる☆

でも、お洋服ほど手をかけないところでもありますよね。
少し見直してみましょう。
(╹◡╹)

 

・寝具の素材を変える。

季節が変わったら、お洋服と同様に布団カバーやシーツ等
タオルケットなどの素材も変えましょう。

例えば、



冬はふわふわの毛布を使っていたら
さらりとした麻混のシーツを使うとか、
毛布をしまって、綿100%素材のタオルケットにするとか。
衣替えと同じです。

特にシーツは、汗をかきやすい春・夏ならではの『麻』が入っていると◎!
吸水性、速乾性、さらっとした触り心地が特長。

 

・タオル

お風呂からあがったら、ふわふわのタオルに包まれたいですよね~。
朝顔を洗うときもタオルがふんわりしていると、気持ちの良い朝が迎えられそう。

こちらも季節の変わり目に、今一度見直したいものです。

毛羽立っているものや、糸のほつれが目立つものは一新しましょう。
せっかくの機会だし!

最近春夏によく見かけるタオルは、綿100%はもちろん、寝具同様、麻混が人気。

さらに、竹の繊維が入ったタオルも人気。

水分の吸水性に優れ、綿の2倍だとか。。
さらに、抗菌性も高い。
赤ちゃんのお肌にも安心。
メリットたくさん。
わいわい。

 

・タオルを洗う。

そのタオル、洗い方も今一度見直してみましょう。

実は、洗剤を多く使いすぎると
洗剤がタオルに残ってしまい、ふっくらしにくくなるそう。
洗剤の量を見直すことと、粉状の洗剤を使っている方は、
固まったり、ダマにならないように、水に溶くこと。

また、タオルの素材感をふわっとさせるため
乾かすときに、表面のパイル(毛?糸?表面に見える丸まった糸)をしっかり起こすこと。
パンパンと。
それだけでだいぶ違いが出る!

 

素材感、洗濯の仕方、少しのこだわりで、
生活も豊かになっていきますね~

その少しのこだわりや知識をファッションにも、くらしにも
加えていけるようになりたいものです。

それでは~

 

出典:「宅配クリーニングのリネット」
全国クリーニング生活衛星同業組合連合会