ライターよっこのコラム 『色、いろいろ』

 

こんにちは。
木曜日、よっこらむの時間がやってまいりました。
エディターよっこです。

 

今日は、色についてです。

というのも、皆さんお買い物の際にお気づきかもしれませんが
春夏と秋冬では、色のトーンが全く変わります。

お店で見ると、ちと気づくことありますよね!

あ!春らしい桜の色だー!(╹◡╹)とか!

涼しそうなブルーやー!(°▽°)とか。

「季節」で色を感じますよね!!

 

例えば…なんてことのない色と思いがちな

「グレー」

 

☆春夏は・・・薄いグレー。
アイスグレーなんていうちょっと青みのあるグレーが多い。
グレーなのに、涼しげで軽い。



☆秋冬は・・・濃いグレー。
チャコールグレーと呼ばれる、黒っぽいグレーが多くなります。
あたたかいイメージ。

 

カーキなどでも、

季節によって濃くなったり、薄くなったり。

これは、寒そうに見える!とか

見てるだけで暑苦しいな!!なんてことを防ぐために、

季節によってファッションに使う色を選んでいるのです。

 

ほかには、季節によってよく見かける色☆

秋の始まりは、カーキ、レンガ色、マスタードなど。

春のはじまりは、パステルカラー、
薄いピンク、ブルー、イエロー、グリーンなど。

 

この色を取り入れるだけで、
なんだか旬でおしゃれに見えてしまう不思議☆

それだけ、人の視覚に入る「色」は大切なのです~

 

また、季節にぶれない色。
白・黒のモノトーンがあります。

流行にもなかなか左右されず、季節に関係なく、年間活躍する色です。
いわゆるベーシックカラー。

だからこそ、冠婚葬祭にもよく用いられますよね。

 

カラーがたくさん出る季節の始まり(春先・初夏・秋の始まり、冬の始まり)は特に、
季節の色が一気に出てくるものです。

 

カラーで遊んでもよし

ベーシックカラーでシックに行くもよし

ベーシックカラーに旬な色を入れて遊ぶもよし

 

いろんな色で、ファッションを楽しみましょう。

ではまた!