ライターよっこのコラム 『サイズをあわせる』

 こんにちは。
エディターよっこです。

お買い物をしているとき、チェックする服のサイズ感のお話。

ブランドによっても違うし、自分はMサイズと思っていても
物によっては、LだったりSだったりと、悩むこともありますよね。

 

もちろん試着することは大切。

肩を合わせる。
袖を合わせる。

これはあるあるですが、

私は太っているから。とか、
わたしはいつもSサイズだから。という先入観によって
正しいサイズを着ていないことが多くあります。

 

実は適正サイズが一番やせて見える!なんてよく聞きますよ~。

アパレルでは、

体のラインをしっかり計算してつくっているところがほとんどです。
(わざとオーバーサイズでつくっているところもありますが)



ウエスト、腕の長さ
おしりの出方、脚のライン、
女性、男性の体を特徴を元にきれいに表現できるように
細かーくパターン(服の設計)を引いています。

 

例えば、ウエストに特化して考えてみると
最近はウエストがゴム!の商品多いですよね~。

ウエスト位置の概念が結構幅広い。

ゴムだったら、どうにでもなっちゃいますからね。

そのため、
私はウエスト●センチです=何サイズ!と一概に言えなくなっています。

だからこそ、試着は大切。

 

履いてみて、着てみて、サイズバランスを確かめる。

着なくてもわかるに越したことはないのですが。

そして、何より、それが自分に合っているかどうか?

の判断も大切。

第三者に見てもらうのもたしかにアリですが

自分自身が窮屈でないか?着心地はどうか?

まずはここです。

丈のバランス、袖のバランスに
足りない、長すぎるなどの不具合はないか?

自分の目でしっかりと判断できるようになること。

 

みなさんはご自身のジャストサイズを知っていますか?

自分のベースがわかれば

ちょっと大きめに着てみようとか

彼の着ているニットを合わせてみよう!

なんて・・・

着こなしに「遊び」を加えられるようになってくるはず。

自分のサイズ、確認してみてくださいね~

ではまた!