スタッフAKANEのコラム 『シセイノススメ』

こんにちは。AKANEです。
ちょっと不安定なお天気が続いていますが、

皆さま体調崩されていませんか?
わたしの周りでも風邪を引いている方が多いので心配ですー…

ところで、いまこのコラムを読んでくださってるあなた
どんな姿勢で読んでいますか?

どきっとした方いらっしゃるのではないでしょうか。

第6回目のAKANEコラムはファッションと縁が深い、
『シセイノススメ』をテーマに書いてみたいと思います。

どんなに素敵なお洋服でも、

そのお洋服が魅力的に見えないことがあります。

 

それは『姿勢の悪さ』

猫背で丸まっている背中では、素敵な服も隠れてしまいます。

現代人は携帯にパソコン、テレビにと姿勢が悪くなる要素ばかりなので、

特に注意が必要です。
そういう私もデスクワークが多く、姿勢が悪いので肩凝り多発しています。
姿勢が悪いことを自覚しているので、立って歩く時はなるべく、

身体がぴしっとなるように気を付けるようにしています。

姿勢の悪さの代表は猫背!!ですよね。
そして、猫背になっている状態は、肩が丸まってしまって

内側に入り縮こまってしまっている状態です。


猫背対策として整体の先生に教わったことですが

、姿勢を良くするには猫背直すぞ!と肩を無理に伸ばそうとせずに、

ちょっと顎をひいてみてください。

そうするとあら不思議!

その状態で、背中を丸めることできないですよね。
これだけで結構姿勢は改善されます。

同時に少し、お腹に力を入れるとその背中を伸ばした姿勢が保てます
(シェイプアップにもなって一石二鳥!)



ライザップ風比較写真をご覧ください違いは顎を引いて、お腹に力を入れただけ!
(ちょw 顔!wwwというツッコミは受け付けません。)

ちなみに、胸を張る!訳ではないのでご注意くださいね。胸を張りすぎると反り腰になってしまう危険があるので要注意です。
肩甲骨を背骨に向けて、寄せると思うとそらずにキレイなデコルテになりますー

 

あと、もうひとつ気にしていただきたいのが、座っているとき。
脚、開いてませんか?
電車に乗っていると、脚開いてるーという方をしばしば見かけたりします。

これも、顎が前に出ていると腹筋に力が入らず脚もダルんと開きがち。
太ももの筋肉も使わないので脚も太くなりがち…!
力を入れてぎゅ!っと閉じる必要はないので、開きっぱなしにならないように膝頭がくっつくようにしてみませんか?

 

モデルさんたちがあんなに美しいのは、細い!もありますが、姿勢がとっても良いからなんですよね。

姿勢がよくなると、それだけでスリムに見えますし、背も高く見えます。

常に良い姿勢をキープするには、十分な筋肉が必要なのでしっかり筋トレなどをしていく必要がありますが、

一瞬姿勢を正すのであればいつでもどこでもできます。
(もちろん筋トレもできることがベストです!)

 

信号待ち、写真を撮るとき、デスクから立ち上がった瞬間、鏡を見るとき

自分自身で『姿勢を正す』ことを意識してみて生活してみませんか?

意識するタイミングか増えれば増えるほど、その状態が日常に近づいていくように思います。

姿勢が良いと、お洋服もきれいに見えますし、身体のきれいにも繋がっていくと思います。

そして、顎を引くためには目線を前に向けないと引けないので、自然と顔が上がります。
人間って不思議なものですが、顔が前に向いている状態だと不思議と気分も前向きになるんですよね。

ただ『顔をあげて顎を引く』という単純なことですが、姿勢が良くなること以外のメリットがあるように思います。

本日は、鏡を見たときの自分の姿に愕然とした、自分自身への自戒の意味を込めたコラムでした。

お洋服は素敵なのに何だかイマイチ、とならないように一緒に身体にも気を使っていきましょうねー(*´∀`)♪

継続は力なり
少しずつ一緒に頑張りましょう(*´∀`)