ライターよっこのコラム 『隠れた好感度』

こんにちは。エディターよっこです。


いくらきれいな服を着ていても、
ヘアスタイルや、メイクが合っていなかったら
全てが台無し・・・
ファッションはもちろん、
首上のメンテナンスも気にしなくてはいけないところですよね。


今日は、その中でも
個人的に特に、大切なんじゃないかなぁ・・・とぼんやり感じているところ
「歯」についてです。


みなさんの中でも、今治療している方がいるかもしれませんね。
もしくは、しばらく歯医者さんにいっていなーい!なんて方もいるかも。
特に、痛くならないと行かないクリニックでもあるのが歯科。
しかし、人の好感度を一番上げる「笑顔」には必ず付いてまわるものです。


今回は、歯にまつわる印象をいろいろな観点から解説して参ります~。


①虫歯
これは早めに治療しましょう。
話している時、笑っている時、
特に見えるところが抜けていたり黒くなったりすると
印象には大きく影響します。


特に、歯周病という口腔内の病気になったら
悪臭はする、相手とのキスで感染もする・・・大変な事態。
放置してしまうと、最悪歯を抜かなくてはならないことになってしまいます~
こわいこわい。
歯磨きをしながらも、自己チェックをしておくことと、

甘いものがしみたり、冷たいものがしみたり

異変を感じたら、すぐに歯医者さんへ。


②銀歯も劣化する
笑った時。口を開けた時。
よくみるとわたし…銀歯多い?!なんて気になったことあるのでは。


実は虫歯の上にかぶせているものも
実は少しずつ劣化していき穴が開いたり、欠けたり・・・がおきます。
だからこそ、定期的なメンテナンスは大切。
その隙間からばい菌が入って虫歯になってしまったりもするので
きれいに磨いているだけではなく内側からのメンテナンスも必要なのです。
(ファッションと同じですなぁ~)


甘いものがしみる!なんて方はすぐ歯医者さんへ。
ギンギラギンが気になる方は

保険内で目立たないプラスチックに変えることもできるし、
保険外の有料ですがセラミックなどに変えることも可能!


③歯並び
アメリカは、歯並びが悪い=貧乏人の象徴
なんていわれるほど、歯の美しさにはとーってもうるさい国です。
だから、アメリカでテレビに出る人や政治家は皆歯が異常なほど白くて、きれい。
(トランプさんとかね!)


個人でビジネスをする人も、まずは歯科矯正から始めるってこともよく聞きます。
日本はまだそこまでではないし
八重歯がかわいいね!ってそれがチャームポイントになる国ですので
そんなに気にする必要はないのですが
これも印象を大きく左右することの一つなのかもしれません。


短期でできるものや面から見えない歯裏の歯科矯正もあるので
矯正をやっている歯医者さんへ相談するのも手ですー!


④芸能人は歯が命
アパタイトというCMで有名になったこの台詞ですが
(東幹久と高岡サキさん・・・)


今ではホームホワイトニングといって、歯型をとってしまえば
ご自宅でも簡単にホワイトニングできます。


人によってかなり個人差はありますが
少しのメンテナンスで白い歯を手に入れることができる時代になりました。
他にオススメなのは海外の歯磨き粉!


日本のように、虫歯ができたら治療しましょうというより、
予防歯科と言って虫歯ができないように未然に防ぐという考え方が強く、
歯磨き粉は安くてもホワイトニング効果があるものがかなり出ています。
チェックあれ。


と、こんな具合に
ファッション同様に相手への印象に大きく繋がっていく「歯」(╹◡╹)


まずは!
歯医者さんでクリーニングしてもらったり

(虫歯のチェックや、歯石除去など)虫歯の定期点検をしてもらうと
自己チェックでは見つからなかったことが見つかったり、虫歯を未然に防げたり
レントゲンから思わぬところの虫歯が見つかり

早期発見につながったりするものです。


少しずつ、細かいケアとメンテナンスを重ねて

素敵な笑顔を維持していきたいですね!


ではまた!