ライターよっこのコラム 『きちんとしたイメージ』

こんにちは。
エディターよっこです。


ここ最近、印象・イメージについてお話していますが
では、自分にそのきちんとしたイメージ、上品さ、好感度をつけるには

どうしたらいいかを具体的にお話ししてまいります~


①自分に似合うものを知る


自分のかわいいところを知る。
自分の良いところを理解する。
自分を認めてあげることはファッションでも大切だと思います。
それが強みになって、より魅力的になったり、

人にはない良さになったりしますからね。


似合うものも、人によって違います。
だからこそ、自分に似合うものを知っておくことは大切。
それから自分の「マイベーシック」を知っているほど服に迷うことが減ってきます。
追求していくとどんどん上質なものを知ることにつながって
それらを長く使っていけるようになるでしょう。


もちろん、体型の悩みや自分だけ体の特長を知ることも大切。
ここにコンプレックスを感じる必要はなく

服を合わせるときに、最低限知っておきたいポイントです。
隠すのも、出すのもまずは「知る」ことから始まります。


②適正サイズ


自分のサイズを知ろうという話は、以前のコラムでもお話していますが
〈何度もすみません~。けどそれだけ重要なんでっせ~)
適正サイズを着ることは、当たり前のような話ですが
実は合っていないサイズを着ている人が多いのも事実です。


特に日本人は(私なんて・・・)という謙遜が強いので
Sサイズなんて入るわけない!とかMだとパンパンかもしれない…
という観点から、1サイズ上を選んでいる人をよく見かけます。
S・M・Lサイズとは言えど、メーカーによってサイズ感がぜんぜん違うし
素材によっても大きさやシルエットは変わります。


きちんと見せるためには自分に合ったサイズを知ることが大切。
そのことで、きれいなボディラインや女性らしいシルエットが自然に出てきて
何をしなくても、なんだか品よく見えてくるものなのです。


上品なイメージを出すためには「やせて見える」だけではなく
ヘルシーで健康的に魅せることがとても大切です。


③上質に見せる


プチプラでも、高級品でも着こなし次第でイメージが変わります。
高級品に身を包んでいるからと言って必ずしも皆が上品に見えるとは言いきれません。
これも印象の一つです。


まず、高級品であれば何度も買い足せるものではないので
持っているものを大切に取り扱うこと。
そしてたまには、メンテナンスも必要。


プチプラアイテムなら、必ずしも上質素材とは言えないので
くたっとなってしまったり、毛玉ができたりするのが早いかもしれません。
そうなる前に、買い替えることも手段。
値段に関わらずきれいなものを、きれいに着る努力も印象に関わってきます。


④おしゃれを楽しむ


この会員のみなさまは皆、おしゃれを楽しんでいることでしょう。


楽しかったり、うれしかったりハッピーなオーラはどんどん外に出しましょ★
実はどんな理論よりも皆さんの笑顔が一番の特効薬。
印象やイメージを大きくプラスに変えてくれます。
ポジティブに、ハッピーに。
なんだかあの人楽しそう!
そういう雰囲気作りは、笑顔からはじめよう★


ではまた~