ライターよっこのコラム 『秋冬準備』

こんにちは。

エディターよっこです。


10月になりそろそろファッションは秋冬物への切り替えとなります。
タンスの中身も、そろそろ変え時です。
そんな時のメンテナンスについて今日は少しお話していきます。


①ニット・コート
重厚感のある素材を使ったアイテムに関しては
スチームアイロンで表面をなでておくといいでしょう。
奥のほうで眠っていたりする冬物は
意外に深いしわが入っていたりよく見たらカビ?!なんてことも。
まずは、ホコリやチリを払うために

素材の表面をブラッシングすること。
(洋服用ブラシ売ってますよ☆)
そのあとに、高温スチームでケアします。
生地にアイロンが付かないように、スチームだけあてる。
(必ず取り扱い表示をみてくださいね!高温がNGのものもあります)
素材がきれいになるのもそうですが

スチームによる殺菌効果も期待できます。
スチームのあとは、
すぐクローゼットに入れてしまうと、湿気がこもりますので
お部屋に干してからしまうようにしてください。
また、ニットなどはお風呂場に干しておくのも◎。
お風呂のスチームも有効活用できます。


②ブーツの準備
ブーツ、ブーティー、革靴
もう一度磨いておくとともに、オイルでコーディングしておいたり、
きれいな状態で防水スプレーをかけておくと更に汚れにくくなります。
とくに、本革製品は呼吸しているといっても過言ではないほど
水分を吸収したり、乾燥したりと履き心地も変わります。
バッグなどの革製品も
しばらくしまっている間に、タンスのニオイが付いてしまうことも。
革製品のクリーニングができるお店もありますし
コーヒーや紅茶の出がらしや茶葉を入れる脱臭方法もあります。


③ファー製品
寒くなったらマフラーやファーの出番です。
最近はエコファーという動物の毛を使わないのに
本物と見違えるほどのクオリティーのものが増えています。
お手入れは意外にも簡単で、

リンスを溶かしたお水をスプレーしてなじませ

あとはシャンプーした後のようにドライヤーで乾かすだけ。
簡単で、ふわっと仕上がります。
※高温・当てすぎに注意してくださいませ。


④持ち物
季節の変わり目によく言いますが意外に見落としがちなのがハンカチ。
夏らしい色や、柄、まだ使っていませんか?
ファッションやかばんが秋冬仕様になったのに
かばんから出てきたハンカチが季節はずれではなんとも恥ずかしい。
小物も衣替えです。
秋の気温って本当に急に下がるもので
朝、「わっ、寒い!」と感じたら

すぐにファッションも変化するのです。
秋がやってくるのは本当に突然。
去年のがあるし!って思っていると
タンスを空けたら、シワがあったり、汚れがあったりと
急に着られないものもあります。
ファッションも、小物も急に焦ることがないよう
事前に準備しておきましょう。


ではまた