ライターよっこのコラム 『スーツもリニューアル』

こんにちは。
エディターよっこです。


スーツと言うとかしこまって聞こえるし
なかなか使うシーンがない方もいるかもしれませんがいわゆるお仕事服のこと。
会食や商談などかしこまったときに使うジャケットやセットアップもそう。
お子さんの入卒園式なども着る機会はありますよね。
ただ、どうにも、古くみえてしまう人。
間違いじゃないけれど、なんだかおしゃれに見えない人。
いるいる、あるある。ってことで今回はコラムにしてみました。
スーツだからこそ、リニューアルも大切!


☆ネイビー
黒では少し重いし、グレーではなんかぼんやりするということもある。
ネイビーは暗すぎず、明るすぎない でもさわやかなイメージがあります。
何より、上品なイメージになるので リニューアルするには、おすすめです。
同様に、ニットや、スカートなどでも

カジュアルシーンでもネイビーで上品さを加えることができますし!
黒に近い濃紺などはよく某有名私立中高のお母様たちが愛用しています。
これでもかというくらい、ネイビー率が高いんですよ~!


☆シルエットはベーシック
基本はベーシックな形が今流。
一時流行した細身のジャケットやパンツ、
ウエストが極端に細いシルエットはどうにも時代を感じます。
大切なシーンに活躍させたいアイテムだからこそ
流行にとらわれないほうが長く使えるし 着こなしのアレンジもできます。
ただ、パンツのシルエットには注意。
スティックパンツと呼ばれる、細身の8~9分丈パンツが主流です。
太すぎるとかおじさんっぽくなったり
細すぎると、お尻がぶりっと強調されてしまいビリッといくことも・・・。
お尻が程よく隠れる長めシルエットのジャケットも売られていますので
ぜひ、リニューアルする場合は
ジャケット+パンツ(orスカート)セットで探してみてください~


☆柄
スーツの柄はなかなか見かけませんが今期はグレンチェックがGOOD!
程よい色も、柄の出方もとてもよい。
スーツに取り入れても申し分のない雰囲気でした。
職場でNGの場合もあるし、シーンによってはカジュアルすぎることもありますが
このほかにもストライプ柄は王道。
また、ヘリンボーンや織り柄のある生地だと

色の派手さはなくても、おしゃれ感は生まれます。
縦長の織り柄やストライプは、着やせの視覚効果もあり。


☆コーデ
最近雑誌でよく取りあげられるスーツコーデは同系色でまとめる、同色コーデ。
色がまとまって、全体が上品にまとまります。
その分、アクセサリーやかばん、ストールなどでポイントに。
また、AKKOさんがよく言っている3首を出すことを意識するだけで
スーツスタイルもだいぶ垢抜けます。
タートルニットを合わせても、手首をまくっておく、透け感のあるタイツを履くなど

スーツであっても「ヌケ」をお忘れなく。
最近は洗えるスーツも増えてきたし発熱機能があったり、

いろんなバリエーションがあります。
肩パットなんて、入ってないもののほうが多いんじゃないかな~と思います。
入卒園などもセレモニー行事の服だとしても
キラキラしたツイードなどはなかなか見かけないし
全体の傾向が、どんどんシンプルに、ベーシックにと変化しています。
まずはシンプルに、そこからどう自分らしさをプラスできるか。
スーツであってもカジュアル同様おしゃれにかっこよく着こなしたいものです。


ではまた!