ファッションエディター'S コラム 『黒の素材』

 何度かコラムにも書きましたが、
冬のファッションは暗めなダークトーンが多くなっています。


ベーシックな色だからこそ、黒やグレーはすごく重宝するし、
ちょっとデザイン性があれば、きちんとした場にも、オフィスでも活躍する色。黒。
みなさんも重宝しているのでは!
ただ、冬の黒は、真っ黒くろすけ注意報です。


なぜなら、

春夏には、自然に抜け感を出していた素足が影をひそめ、

タイツがやってくるではありませんか。


とくに、黒を選ぶとなんだかのっぺりした真っ黒くろすけが完成してしまいそう。
今日はそれを回避すべく裏ワザを語って参ります。

 

①異素材をつかう
黒は同素材でコーディネートしてしまうとどうしても重くなります。
とくに冬のニット、ウールの素材感は、すごく素敵だけど黒だと重好感たっぷり。
そこに違う素材をプラスすると同じ黒でも、

ニュアンスや表情が出てきてのっぺりしくにになります。


例えば、ニット素材の「黒」に同じ黒でも
・レザースカートの投入
・レースブラウスの投入
・ファーのジレを加える
・透け感のあるシフォンブラウスの投入
・とろみ素材のスカートの投入
・エナメルシューズで光沢を加える
・色落ちしたブラックデニムの投入
など。


重そうなものに、あえて他の素材の「黒」を投入することで
その強さを緩和することができます。


②黒ベースの柄投入
ダークトーンでコーディネートしたいけれど少しヌケ感がほしい!
時は、白に頼りましょう。
白黒のボーダー柄。
白黒のドット柄。
白黒のストライプなど。
モノトーンなので、シックでかっこいいイメージは崩さず
ほどよい面積の白が良い仕事をします。
柄だけを考えるとちょっと甘くなってしまいがちですが
白と黒なら、キリリと引き締まるのもポイントが高いところ。


③アクセサリーの投入。
首周り、特にピアスやイヤリングはダークトーンに負けない大きめのもの、
また、シルバーやゴールドがきちんと感じられるヒカリモノ。
これらは、黒の世界観をより美しくみせてくれます。
大き目のほうが、その効果は高いかも。
また、バングルや、チェーンの付いた小さいバックなども
アクセサリー感覚で斜めがけしても、色の強さを和らげます。
時計やリングなど多めにつけても、黒あわせならそんなにうるさくならない。
アクセで遊べるのも黒の楽しさです。


④タイツ選び
タイツのデニール数を選びましょう。
スタイリングにもよりますが、80デニール以上だと、真っ黒くろすけ率が上がり
黒色の重さを助長してしまいがちです。
同じ黒を選ぶにしてもほどよく透け感のある黒を選ぶと、
あたたかさはキープしつつも、素肌感がありヌケにつながります。
透けすぎると、にしおかすみこ風になってしまいます。
服のテイストや丈バランスと相談して気をつけましょう。


⑤小物
黒色のベースに白が程よく入ったもの
例えば黒のスニーカー。
黒ベースの柄のスカーフ。
また、白のアクセサリーとしてパールピアスやパールネックレスなど
面積の多すぎない「白」がちょうどよくモノトーンコーデにこなれ感を加えます。
白の面積が多すぎるとシックでかっこいいイメージから
反転してカジュアルすぎてしまったり
素材によっては、ほっこりとしたイメージになってしまうことも。


冬の黒をかっこよく着こなすには色の分量を間違えないようにすることも大切!


ぜひご参考にー★
エディターよっこでした。