ファッションエディター'S コラム 『収納』

みなさんはタンスの中のお洋服の保管どうしていますか?
重衣料が増える秋・冬は特に、どんどんパンパンになってしまいますよね~
どんなところに目をつけていくか、考えながら解説してまいります。


・タンスに収納
特にニットの収納は、タンスがベスト。
ハンガーにかけてしまうと、編み目のあまいものは、簡単に伸びてしまいます。
編物なので、糸の重さによる伸び。
商品の不良ではなく、自然現象なのですが
使う側のちょっとの工夫で長持ちするかどうかが変わってきます。
また、ギュウギュウに詰め込んでしまうと、
開けたときに編み目が引っかかってしまったりボタンが引っかかってしまいがち。
少し余裕を持って収納することも大切です。


・ハンガーにかけて収納
コートや、丈の長いロングカーデガン、ワンピースなど
たたむと余計に場所をとってしまうものはハンガーにかけるのが無難。
こちらもタンス同様、入れすぎるとその重なりからシワになってしまいます。
取り外しができるインナーやフードははずしておいてもスペース確保につながります。
また、簡単に収納できるし、出し入れも便利なので

重宝されるハンガー収納ですが注意すべきことも。
押入れの中のちょっと開いている床のスペースをチェック!
(隙間がない人は、まずは隙間を作ることから!)
スペース部分にホコリがたまってませんか~??
そのホコリをハンガー収納の服たちはみんなかぶっているわけです。
たまにはメンテナンスがてら外に出してブラッシングしたり
中に入っている衣装ケースごと出して、床拭きしたり、風に当てることも大切です。


・押入れの環境
クローゼットは特に、通気性が悪くカビやホコリがたまりやすい場所です。
扉を開けて、風を通すのは服はもちろん、それらを支える床や壁にもいいことです。


・クリーニングから戻ったら
必ずビニール袋から出して収納しましょう。
清潔なまま保管したい!という気持ちはわかりますが
ビニール内に湿気がたまりやすいのでカビの原因になりかねません。
厚手のコートやニットでパンパンになりがちな冬のクローゼット事情。
少しのメンテナンスで、大切なファッションアイテムの寿命も大きく変わってきます。
少しずつ目を向けて、手を入れていきたいですね。


このコーナーでは取り扱ってほしいテーマや
ご質問にもお答えしますのでぜひ、コメントくださいませ。

エディターよっこでした!