ファッションエディター'S コラム 『新年に備えて』

あけましておめでとうございます。
今年もいろんな情報を、いろんな視点からがっしがしお伝えして参ります。
さて、新年になりみなさんはすでにセールにいかれた方も多いのでは。

今日は、セールで買ったほうがいいもの…ではなく。
セールではここをおさえておこう!というポイントをお伝えします。
これはアパレルならではの考え方かもしれませんが
お買い物をするときにでも使える裏ワザかも。

①安いからいいわけじゃない
これ、品質のことではありません。
鮮度のことです。
50%OFFとか
70%OFFなんていう表示についつい踊らされてしまいがちですが
その商品は今期のものですか?という点です。

これは、お店の人に聞かないとわかりませんが
オフ率が高いものは
昨年の商品だったり、倉庫からの在庫である可能性も無きにしも非ず。
お店によっては、表記していますが
何事もなかったように高い値引率で売り出して消化するお店もあります。
なんか昔のデザインのような???とか
この色最近じゃ見ないよね~??と感じだら
いくら安くても、結構昔の商品の可能性も。
しかし、現在はアウトレットショップでも
かなりよいものが手に入りますし、自分の目で見て、いる?いらない?
これは使える!と、しっかり判断することも大切です。

②前面に出ている商品に注目
お店の前に出されている商品。
大きなポップが飾られていたり、
値段が表記されていたりとにかく目立つように陳列されています。
それは、お店の売り込み商品や、売れ筋商品ということが多い。
セール期は、売れるものを目立つ場所に陳列して売り込むことがよくあります。
そのぶん、オフ率が高かったり、お買い得なものが多く
注目してみてみる価値はあります。

③セレクトショップの雑貨
ここは、セール期の宝箱。
なかなかセールにならない、インポートの服飾雑貨が密か~にお安くなっています。
ブランド本体のセールではすぐに売切れてしまうものも、
セレクトショップで買い付けているものなら
こっそりと売れ残って、こっそりとお安くなっていますので、チェックの価値あり。

④ECサイトも使う!
セールはかなり混雑して
なかなかゆっくりと見ることができなかったり
試着に時間がかかりそうという声が多いのも事実。
「このMサイズありますか~?」
「前この色違い見たのに、もう売り切れたのかな?」
って聞くお店の方がいなかったり
いつものようにゆっくりと商品を見ているといつのまにか、なくなっていたり!
そんなときは片手にスマホ。
そのブランドのオンラインストアをみて在庫があればそこで購入するのも手。
ZOZOTOWNなどの大きなECサイト上にも出店していれば、
在庫も、カラバリも、サイズも店頭にないものがあることも。
どうしてもほしいものは、ECサイトも併せて確認してみてください。

⑤新年だからこそ、見ておこう
新調するものも、セールで見ておくと便利。
セールになっていなくても、新年だからこそ、新しくしておきたいものや
この機会にリニューアルするものよいでしょう。
特に、バスタオルやバスマットなどの生活用品。
かかとやつま先が危うくなったソックス、タイツ類。
靴磨きのクリーム、ブラシ。
服のブラシ。
毛羽立ちや、毛の開きが出てきたら、変えてもいい頃ですし、
新年だからこそ、見直してみましょう。

今年もファッションから自分を磨いて、身も心も、
キラキラした年になりますように。

エディターよっこでした。