ファッションエディター'S コラム 『シャツ』

セール品でも新作でも
今買っておいて間違いないアイテムといえばシャツです。
なぜシャツなの?
というところと、今春の新作デザインを解説しつつおはなししてまいります。
・セールでも新作でも
シャツは、大抵の場合が綿素材。
綿は季節を問わないベーシックな素材ですので
セールでももちろん出ていますし春の新作でも出ています。
ニットと違って素材が厚すぎるから春には着られない・・・
ということがほとんどないアイテムです。
特に買いはベーシックなシャツ。
→いろんなスタイリングに合わせやすいからです。
シャツはきちんとしたイメージがあるので、会社でも使えるし
カジュアルにデニムと合わせてもかっこいい!
襟のあるシャツなら、インナーとしてもかなりいい仕事をします。
セールでお安くなっていても、
新作でもシャツは春夏秋冬、季節を問わず活躍するアイテムといえます!

・旬なシャツって?
今年の春の新作は昨年に引き続き、花柄やししゅうのデザインが多いようです。
それから、袖が大きいデザインだったり
全体的にビックシルエットだったりがすご~く多く見られます。
また、この春は
いわゆる「プリンスシャツ」と呼ばれるプルオーバー(かぶり)型のシャツ。
王子様的な立ち襟のデザインシャツが出てきています。
昨年の冬から結構見かけるようになりニットのインナーでも
ハイネックのシャツが見えるとなんだか軽やか。
裾が広がっていたり、袖を折り返せたりと、春のコーディネートが新鮮になりそう。
この春の新アイテムとして、要注目です。

・素材もおさらい
冒頭で、綿素材が主流と申し上げましたが
きれいめのシャツ素材には必ずと言っていいほど、
「ポリエステル」「レーヨン」が入っています。
これは、とろみ感や、流れるような生地感をだすことで
来ている人が美しく見えるような素材です。
シワにもなりにくくオフィスカジュアルと呼ばれる服にはけっこう使われています。
ただ、汗を吸いにくい難点はあり。
これはきれいめにあわせられるかな・・・?とか会社で着てもいいかな?
と悩んだときは
タグや洗濯表示にある素材(ポリエステル?レーヨン?)を
見てみるのもいいかもしれません。

・襟、シルエットに注意
これベーシックだし、使えそう!とか
昔使ってなかったけど、着てみようかなとか
そうは思っても着てみたらなんだか変だなという時がありますよね。
そのほとんどは襟の開き具合、大きさ、ウエストのシルエットが原因。
襟・・・広すぎないか、芯が入っていないか、程よく開くか
ウエスト・・・極端に細くシェイプされていないか
持っているシャツたちも見直してみましょう。

まだまだ寒い冬ですが
お洋服を取り扱うお店ではもう春モノたちが並んでいます。
コートの下に、ちょっと春物を入れて気分転換もいいですね~
ではまた

エディターよっこでした。